海陽町居宅介護支援事業所(ケアマネージャー)
認定申請の結果が「要介護1」~「要介護5」となった方は、居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)などに依頼して、相談しながらケアプランを作成します。

※「ケアプラン」=「介護サービス利用計画」
ご本人の状況や希望に合わせて、ご本人の生活に必要な介護サービスを、いつ、どれだけ利用するかを決める計画のことです。介護サービスを利用するときには、最初にこのケアプランを作成して、その内容にもとづいて介護サービスの事業所と契約し、サービスを利用していくことになります。

【 海陽町居宅介護支援事業所として 】
①海陽町社協では地域の居宅介護支援事業所として、ご高齢者の「住み慣れた地域でいつまでも暮らしたい」との思いに可能な限り応えられるように、また、ご本人の人生のことですから、「自己決定」を大切にしながらケアプランを作成しています。
②ご家族の方の支援・フォローも大切に考え、介護に関する相談には常にお応えし、情報提供や助言させていただいています。
③海陽町を中心に、近隣にある関係機関(サービス事業所、施設、病院、役場等)としっかり連携をとって、切れ目なくご本人の生活を支えるプランを立てるよう取り組んでいます。

【 海陽町社協が実施している介護サービスについて 】
〇訪問介護事業(ホームヘルパー)
〇通所介護事業(デイサービスセンター)
(クリックでそれぞれのページに飛びます)