児童青少年を支援する会

児童青少年を支援する会では、主に次の取り組みを行っています。
1、
TIC「ミッケ&夢たらこ」

 TICは、Teens In Communityの略で、ボランティア活動を通して、子どもたちの社会力や人間力を育てる活動です。その活動を児童青少年を支援する会の大人がサポートします。
  
   

<活動例>

 総会、定例会、びっくり箱の活動支援、海部川アドプト活動、リビエラ前の花壇の手入れ・花苗の定植、24時間テレビ街頭募金、浅川港祭りパレードへの参加、虹まつりボランティア、研修会など

  

  

2、びっくり箱
 びっくり箱は、町内の小学生を対象に「ものをつくりだす喜び」「人とふれあう喜び」「地域を知る喜び」を感じられるような取り組みを通して、豊かな心を養うことを目的に様々な活動の企画・運営を行っています。
 平成25年度までは、社会福祉協議会の事業として行っていましたが、平成26年度より、児童青少年を支援する会が企画運営しています。

<活動例>H26年度
  5月 入学進学おめでとう ~もち米を使ったおやつ作り~
  6月 伝統行事「虫送り」に参加しよう
  7月 「城満寺(じょうまんじ)であそぼう」
 10月 プールで遊ぼう
 11月 かかしを作ろう ~出羽島・牟岐アート展2015 かかしコンテストに出品しよう~
  1月 出羽島・牟岐アート展2015関連ワークショップ かおかおさんをつくろう

 

※活動についてのお問い合わせは社会福祉協議会までお願いします。
  TEL 73-3727  FAX 73-3471